『多機能型事業所スピカ』についての紹介です。

多機能型事業所 スピカ

多機能型事業所スピカについて

多機能型事業所スピカは、発達障害の方に特化した事業所です。
嘱託医師(発達障害専門医)を含めた専門支援員が、利用を希望する方の個別評価を行い、個別支援計画にもとづいて、利用時間や内容を検討し、就労準備・自立訓練をすすめます。 「働きたい」という思いをもっているが、生活リズムが整っていない、就労にどのような準備が必要か分からない、コミュニケーションに自信がない、集団が苦手、という方に相談と体験の場を提供します。

スピカのサポート

毎日(決まった日時に)通所すること、支援プログラムに参加することにより、自立する力、働く力を育てます。
一人ひとりにあった支援を行います。
 ・予定は、あらかじめお知らせ
 ・作業は手順書などがあり安心
 ・作業の後は、スタッフとお話、相談ができて安心
 ・就職までの見通しがわかる
 ・休憩を取りやすいスペースがあり安心
など。
公的機関とも連携をとりながら、「個々の強みを伸ばす」ようサポートをします。

ご利用にあたって

対象者は18歳以上の発達障害のある方。

サービスの紹介

就労移行支援と自立訓練(生活訓練)があります。

 ・就労移行支援    :あなたの「働きたい」をお手伝いします。     (定員14人、利用期間は最長 2年間)

 ・自立訓練(生活訓練):将来働くために必要な自立する力をつけていきます。(定員6人、利用期間は最長 2年間)

1日のスケジュール(例)

9:50 出勤
10:00 パン工房、カフェ、店舗体験
12:00 昼食
13:00 パン工房、カフェ、店舗体験
15:00 活動の振り返り

ご利用までの流れ

1.電話でご連絡ください(相談予約)
2.来所相談(ニーズの聞き取り)
3.体験(何日か気軽に体験、じっくり検討してみてください)
4.計画相談(サービス等利用計画の作成)
5.受給者証の取得
6.スピカと利用契約

就職先について

商品管理(仕分け)、環境整備(清掃など)、洗浄業務、厨房業務、店舗スタッフ、PC系事務
皆さん、自分にあった納得がいくお仕事を選ばれています。

利用料について

サービス利用料金(厚生労働大臣の定める額)は、全体の1割となりますが、世帯収入に応じて利用者負担上限額が適用されます。

↑ PAGE TOP